ほうれい線は20代後半ぐらいから気になると感じる人が多いです。
20代後半はまだそんなに目立たなくても、30代半ばでは誰もが気になってきます。

このほうれい線、なんとかできないかと悩む人も多いと思います。どうして、ほうれい線ができてしまい、深くなってしまうのでしょうか。

ほうれい腺の原因と改善方法を紹介

加齢に伴ないほうれい腺というのは出来てしまいます。

頬に腺が一本あるだけで印象や見た目年齢が全然違ってくるので悩んでいる人は多いと思います。

だから何故ほうれい腺が出来てしまうのかの原因とその改善方法について紹介していきます。

ほうれい腺の出来る原因

ほうれい線ができる原因として、表情ジワがあげられます。また肌が乾燥することでシワができやすくなるので、肌の水分量が少ない人も注意が必要です。

肌がたるんでくることでもほうれい線が深くなってきます。ほうれい線は間違った方法でマッサージしたりしても深くなるので注意が必要です。

また筋肉が衰えたるんでしまうと、ほうれい腺が出来やすいので筋肉が衰えないように予防をする必要があります。

ほうれい腺とは老化現象のひとつで30才頃から気になりだす人が多いと言えます。

気になるほうれい腺の原因が乾燥、紫外線、筋肉の衰えで生活習慣なども絡んでくるのでかなり個人差が大きいということが出来ます。肌の乾燥は年齢を重ねると誰にでも起こる現象なのできちんと保湿をしてアンチエイジングを心がける必用があります。

また紫外線によるダメージも大きく紫外線は老化を促進するのできちんと日焼け止めを塗ったり、防止や日傘を使用するといった事が必用となってきます。

ほうれい腺の改善方法

それでは改善方法を紹介すると、先ほど挙げた原因を改善することが重要となってきます。乾燥に対しては保湿をすることが大切で、たっぷり化粧水を使用して乳液で水分を閉じ込めて、あとは美容液なども使用しましょう。

スキンケアを徹底して美容マスクやコットンパックなどを乾燥の気になる部分に使用してやることをオススメします。

紫外線対策としては兎に角紫外線を避けることがポイントで夏は日焼け止めを2時間から3時間くらい毎に塗るように心がけてください。朝塗っても汗で落ちてしまうのでマメに塗りなおしましょう。

あと筋肉のたるみに対してはエクササイズが有効です。顔に筋肉、表情を動かすように意識したり、また顔のマッサージなどもしっかり行うようにしてください。1日5分から10分程でいいので毎日続けることがポイントです。

ほうれい腺は老化現象の一種なので完全に防ぐことは難しいということが出来ますが、きちんとアンチエイジング対策をすることで老化を止めることは出来なくても遅らせることは可能です。

ほうれい線に効く化粧品について

ほうれい線に効果的な化粧品はあるのでしょうか?

アンチエイジング対策コスメの中にはほうれい線が薄くなると言われているものも多いです。

ほうれい線対策コスメの1つとしてピユアアンドシルクという商品があります。

この商品は、目元、口元、眉間など部分使いに最適なクリームで毛穴やたるみを解消してくれるコスメです。

有効成分をナノ化させて肌にしっかりと届くように作られています。

ビタミンA、ローヤルゼリーエキス、ヒアルロン酸、真珠エキスが深くなってしまうシワを予防してくれます。

口コミでも継続して使っているうちにだんだんとほうれい線が目立たなくなってきたと評価されています。

コスメを上手に活用してケアしよう

ほうれい線が深くなってしまうのは加齢にともなって・・ということもあるので完全に防ぐことは難しいですが化粧品でしっかりお手入れをすることで深くならないようにしたり、目立たなくすることは可能です。

そのためにも保湿成分をたっぷり含んでいるもの、シワに効く有効成分を含んでいるものを選んで上手に活用してください。

ほうれい線セルフケア