あなた自身やお子様は早朝目覚めるのに目覚し時計を活用していますでしょうか?

またその目覚し時計はどのようなタイプのモノなんでしょうか?

定番の爆音やバイブレーションで起こすタイプでしょうか?

音や振動の目覚し時計で「有無を言わさず」に強引に起こされるなどというのは朝方から自律神経をアンバランスにさせている事を耳にしたことありますか?

言ってみれば365日「ショックを与えられながら」起こされていると想定されます。

目覚し時計の音や振動に従ってデイリー「ビクッと」としていれば心臓や自律神経、体調においてはよくない結果以外ありません。

「朝目覚めるのがキツイ」という人はご自身のお子様も入れて現代社会には大勢いるとは言えますが、音や振動で目を覚ましているため、自らハードなシチュエーションを発生させている。

と考えても言い過ぎではないではないでしょうか。

ところが、光目覚し時計のinti(インティ)なら毎朝ナチュラルな陽が射し込むような光により「ストレスを与えない雰囲気」で目を覚ます事が実現可能です。

気分爽快な目覚め方をすると1日を通して疲労感が出にくい。と言われている評価たくさんです。

また、この目覚まし時計には、予想以上の効果があるようです。

それは、不登校、引きこもりに効き目があるとのことです。

私は理解していなかったのですが、朝起きるのがきつくて起きられない、ここが要因となって不登校、その上引きこもりに転じてしまう、といった場合が多いようです。

じつは私には中学の子どもがいるですが、彼は朝がすごく弱いワケです。

朝日を浴びせられて無理なく起きるということは、快適な目覚めにとどまらず、1日を通じて疲れにくくなると聞いています。

また、目覚めと併せて浴びる事で、1日のスイッチが入って、生体リズムも備えられるんです。

起きてから、5分~30分ほど陽が射し込む光を浴びると、お勤めや学校に到着した時点では、キチンとした集中モードに切り替わるので円滑に仕事や学習に入っていけるんです。

光目覚し時計inti(インティ)で、朝、心地よく目覚めてみませんか。