赤ちゃんの肌に湿疹ができると「もしやアトピーでは?」と不安になりますよね。
一般的にアトピーの症状があらわれるのは生後4か月以降といわれており、主な症状としてとしては“ひじ、ひざなどの関節部分がジュクジュクする”、“耳切れ”、“乾燥肌”などがあげられます。
また左右対称に出現するのもアトピーの特徴です。
といっても赤ちゃんの肌はバリア機能が未熟なため、もともと湿疹もできやすく乾燥もしやすいため判断が難しいもの。
実際、1、2歳まではアトピーの判断を下さない皮膚科の先生も多いようです。
ただ「赤ちゃんが湿疹をかゆがる」、「しつこく長く続いてなかなか治癒しない(乳児では2ヵ月以上が目安といわれています)」といった症状があればアトピーの可能性は高いかもしれません。
もし赤ちゃんがアトピーと診断されてしまったら、ショックを受けるでしょうしお母さんはきっと「自分のせいだ」と思ってしまうでしょう。
ですがそれは違います。
アトピーはさまざまな要因で発症するもの、ご自分を責めるのはやめて前向きにアトピーと戦っていきましょう。
大丈夫、最近はアトピーに関する研究もかなり進んでおり、アトピーの改善に有効とされる商品もいろいろとあるのですから!
さて、アトピーの治療といえばステロイド剤が有名ですが、この使用の是非については、実は皮膚科の先生の間でも意見が別れているんです。
「上手に使うことでアトピーの治療に有効」という意見もあれば、「悪化につながる」という意見もあります。
世間的には「怖い薬」というイメージが少なからずあるので、ステロイドに抵抗のあるお母さんもいることでしょう。
赤ちゃんの一番の主治医はお母さんです、納得のいく方法でアトピーと戦っていけたらいいですね。
最後に「どうしてもステロイド剤は使いたくない」というお母さんに、参考までに、「スキンケア大学」で皮膚科の先生がオススメしたという保湿剤、「ファムズベイビー」を紹介しておきましょう。
これは保湿で肌のバリア機能を高めるというというもので、もちろん個人差はありますが数日で見違えるほど…、という例もあるようですよ。