生まれてきた赤ちゃんは、お父さんやお母さんの宝物です。
そんなこと赤ちゃんに何かトラブルがあったり様子がおかしかったりしたら、小さなことでも不安になるものです。
赤ちゃんのトラブルの中で代表的なものといえば、お肌のトラブルです。
アトピーやオムツかぶれ、あせもなどで、肌が赤くなってしまっていて不安になることもあるでしょう。
赤ちゃんは、大人の肌と比べてとても敏感です。ちょっとした刺激で炎症を起こしてしまうこともあります。

中でもアトピーは重症化することもあるので、お母さんとしてはとても心配になると思います。
アトピーは治らないものと思っているひとも多いかもしれません。
しかし、アトピーはケア次第で治ることも可能です。
アトピーの赤ちゃんのお肌は、健康な肌と比べてバリア機能が弱いと言われています。
このバリア機能を助けるためには、潤いが欠かせません。
そのため、アトピーには、乾燥が最もよくないと言われています。
肌の乾燥がきっかけでかゆみを伴い、そこをかきむしることでアトピーが悪化してしまうこともあるのです。
アトピーの赤ちゃんのお肌さ、必ず保湿をするように心掛けましょう。
また、夏場や下痢の時などには汗や便によって肌が炎症することがあります。
トラブルが起きる前に、シャワーなどで体を清潔にしておくことがあります重要です。
また、洗うときには成分の優しい石鹸を使うことも大切です。
常に清潔に保つことと保湿を心掛けるだけで、アトピーがあっという間に治ることもあります。
これらの小さな心掛けを守ることから始めてはいかがでしょうか。
⇒これからのお肌お手入れは【ファムズベビー】