キッチン冷蔵庫コンロの大掃除を簡単に早く終わらせる方法!

大晦日が迫るにつれ、大掃除が気になりますよね。

大掃除の時にどの部屋を掃除するのが一番嫌ですか?

リビングも玄関も浴室もトイレもそれぞれ面倒ですか、一番面倒で落ちにくい汚れがあるのがキッチンですよね。

師走は本当に忙しいのに、クリスマスにお正月の準備。

キッチンはフル回転なので汚れるし、買い物もたくさん増えます。

すべて準備した上で、お掃除まで済ませなくちゃならないなんて!

大変すぎますよね・・・

一番時間がかかり、労働した割にはすっきりとした感じがあまりしないのがキッチンの掃除だと思います。

キッチンの掃除で厄介なのがコンロまわりの掃除と換気扇の掃除ではないでしょうか?

そこで、ここだけは済ませておくと満足度が高い場所をご紹介します。

スポンサードリンク

クリスマス前に、冷蔵庫のお掃除を!

クリスマスはケーキを収めなくてはならないし、お正月前の買出しの後は冷蔵庫はギュウギュウです。

そして、とにかく何でも冷蔵してしまう夏の名残がまだ残っていることもあるのでは?

気分が一新するお正月、ご馳走を収めてうれしい冷蔵庫。

しかし、扉を開くたびに「今年も冷蔵庫の掃除をしていない・・・」と思うのは切ないものです。

実は冷蔵庫の掃除は、整頓がタイヘンなだけで、掃除は簡単です。

特別な掃除グッズもいりませんし、必要なのは「思い切り」

年末という非日常のため、「もったいない」を押し切って賞味期限切れや古いものを処分するのにうってつけなのです。

まずは不用品処分

そして棚を取り出して濡れふきんで拭くか、シンクで洗います。

冷蔵庫の中はわりと乾燥しているので、棚を完全に乾かさなくても大丈夫。

余力があったら、汚れ防止に冷蔵庫用のシートを引くといいですね。

キッチン 大掃除

コンロ周りの壁の大掃除

そして、コンロ周りの壁です。

油が付着しているさまは、見るだけでゲンナリするものですが、壁は普段は手が回らないもの。

そして、常に露出しているもの!

ここは重曹とクエン酸、そして固形石鹸が以外にいい仕事してくれます。

ぼろきれなどにお湯を含ませ、重曹と固形石鹸をグリグリ塗り付けます。

そして壁をこするべし!こするべし!

かなりしつこい油汚れも、たいてい落ちます。

そしてクエン酸を溶かした水に浸したふきんで仕上げ拭き。

がんばりどころですが、普段は掃除しない場所が綺麗になっていると見るたびにうれしくなりますよ!

コンロ周りの掃除方法

コンロまわりはガスコンロでもIHヒーターでも長年の油汚れが隅々まで染み渡りその汚れを取るのに一苦労です。

そんなコンロまわりの掃除をチャチャッと終わらせる方法があります。

まず、コップ一杯の水を用意して、そこに2滴くらい食器洗いの洗剤を入れます。

そして割り箸などでかき混ぜてよく泡立てます。

その泡をコンロの汚れているところに垂らしていきます。

そしてその上からキッチンペーパーをかけて、30分くらい放置します。

その後そのキッチンペーパーを拭コンロを拭き取るようにとると、汚れが綺麗に取れています。

ただ放置すれば良いのでとても楽チンです。

こんなことで汚れが落ちるのかと思われますが、思っていた以上に汚れが泡へ浮き出て綺麗になります。

そして先ほど泡を作るのに使った割り箸を使って、隅の方に入り込むように溜まった汚れを取ります。

割り箸に洗剤の泡を染み込ませたキッチンペーパーをぐるぐるにきりたんぽのように巻いて、隅の汚れをゴシゴシとこすれば割り箸に巻かれたキッチンペーパーが汚れを吸収するので綺麗にすることができます。

コンロまわりをやみくもに雑巾やスポンジでゴシゴシするより楽チンで合理的です。

キッチン 大掃除

換気扇の掃除方法

あと、もう一つの難所っある換気扇の掃除です。

換気扇を取り外したら、その蓋や換気扇そのものを水の入った霧吹きで全体的に湿らせます。

その後少量の小麦粉を特に汚れがひどいところにまんべんなくまぶし、数時間放置します。

その後その小麦粉を叩くと、汚れが小麦粉に吸収されて一緒に叩かれるので、大まかな汚れが取れています。

その後濡れたふきんで蓋や換気扇を拭くと綺麗になっています。

こちらもあまり労力を使わずにわりと簡単に綺麗にすることができます。

皆さんもキッチンのこの2大難所をクリアして、楽にお掃除を終わらせましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す