就職活動が始まる前に!大学3年生が今のうちにやっておくべきこととは?

大学3年生は来年3月には就職活動が本格的に開始され、履歴書やESを大量に書くことになると思います。

正直3月から企業を見はじめて準備するのでは遅いです。

3月末には一次選考を始めている企業もあるので、早めに準備しておくことに越したことはありません。

 

インターンシップや企業訪問すらしていない人は正直内定も危ないですよ!

そこで、内定を多くとれる人と全く取れない人の差はどこで生まれるのか?

 

私が就職活動をした時にいろんな方の話を聞いた経験を踏まえてアドバイスをしていきたいと思います。

スポンサードリンク

インターンシップとOB訪問はお早めに!

選択 画像

近年の就職活動に関しては大手ほどインターンシップで先に取りたい学生を選別しています。特に、今の時期からアピールしてその企業のイベントに積極的に参加している学生は相手の印象アップ間違いなしです!

企業研究に関してはここで行うのが良いでしょう。

企業のことを聞くのは企業の方のお話を聞くのが一番手っ取り早いです。

インターンシップの経験やOB訪問のお話しを通じて得た情報が志望理由を書くときに大きく役立つことでしょう。

ESも履歴書も志望理由を書かないということはあり得ません。

 

志望理由を書く上でのポイントは以下の3つでしょう

  1. その企業に対してあなたはどんな印象をもっているのか
  2. なぜそこで働きたいと考えるようになったのか
  3. 将来的にどんな仕事をしていきたいか

 

これを押さえておけば相手にも伝わりやすい文章が書けるでしょう。特に3はイメージしづらいと思うので、OB訪問などで仕事をする上での実情や企業としてのヴィジョンをきちんと聞いておくことをオススメします。

 

 

これはブラフ?あなたが大学時代に頑張ったことという質問

履歴書 画像

この質問はESや履歴書に必ずあります。

ここで馬鹿正直に大学時代に頑張ったことだけを書くのは間違いです。

 

この質問の意図は「大学時代に頑張ったことを通してあなたがなにを得たのか」です。

つまりあなたが大学時代に何を頑張り、それを通してどう成長したのかを企業側は見ているのです。

 

これは企業に入ってからのあなたの働き方にも繋がる重要な質問です。

良くここに部活やサークルで部長を務めていましたと書く人がいますが、そこであなたはどんな成果を上げましたか?

具体的に数字として出すことが出来ますか?

 

これはあなたの長所や短所という質問にも通じることが出来ます。

大学時代勉強しかしてこなかったという人も、別に勉強を頑張ったと書けばいいのです。

ただ、具体的にどう頑張ったのか。

 

1日1冊本を読むように心がけました

毎日授業の予習復習を欠かしませんでした

 

そういったエピソードが書ければ問題ありません。つまり、これは目標を決め、それを達成するための継続力があるというあなたの強みに繋がっています。

上記の行動の結果成績で評価が出ていればなおのこと書くべきことでしょう。

 

大学時代に頑張ったことという項目のポイントは以下の通り

  1. 大学時代のエピソードを具体的に書く
  2. それを通じて自分がどう成長したか
  3. その成長した自分の強みは企業でどう生かすことが出来るか

 

ここまで書ければ人事担当もあなたに興味を惹かれること間違いなし!なぜなら始めからここまで書ける学生は少ないからです。

今のうちに履歴書を書く練習をして大学のキャリア支援室などでアドバイスをもらっておくのもいいでしょう。

もしくはハローワークでも見てもらえますよ!

 

 

意外と見られてる?あなたの証明写真

以前とある企業の人事担当の方に証明写真が採用を左右することがあるのか聞いたことがあります。

 

「特に顔で左右することはないけれど、提出前に急いで撮って切り方が雑だったりすればわかる。本命企業相手に学生はそんなことをしないので、いくつか受ける企業の一つとして応募してきたという印象を受ける。」

 

そんな回答を頂きました。

企業側としては内定を出したら絶対に入社してくれる人材がほしいので、いくつも応募して辞退される可能性のある学生は始めから排除しておきたいものです。

 

それと同じように手書きの履歴書の字が雑で読めないなどもマイナス評価ですよ!

また、志望理由もコピペのような使いまわしでどこの企業でも通じるようなものは絶対に通りません。

きちんと企業ごとに合わせた内容のものを書きましょう。

 

正直、そんな書類を作る時間があればもっとSPIや本命企業の企業研究に時間を割く方が無難です。

面接練習のために他の企業を受けたいという方は、書類なしで面接出来る企業を探す方が手っ取り早いでしょう。

 

ちなみに写真の背景は白の方が印象が明るく見えるそうですよ!

採用人事の方から聞いたので確かです。

証明写真機では取れないので、きちんと証明写真はお店で撮ってもらいましょうということですね。

お店に行けば美肌加工や背景の色を変えることもできますし、何度でも焼き増しできるCD-Rをもらえるところもあります。

大きさもそれに合わせて切ってくれるので、自分で切ったように形が歪になる心配もありません。

上手くすれば証明写真であなたの履歴書が目を引くことになるかも?

 

履歴書を出す前に確認すること

  1. 証明写真がきちんと綺麗な形をしているか(雑に切らない)
  2. きちんと読めるきれいな字でかいてあるか
  3. 志望理由がコピペの文章になっていないか

 

意外と証明写真も履歴書において重要なのです。

現在ではWEBデータで提出することもあるので、必ず写真を撮りに行ったあとに加工したデータを頂きましょう。

やはり、そのままとった写真よりも少し美肌加工して、背景を変えてもらったものの方が印象は良く見えます。

まとめ

OL 画像

大学3年生はこれを読んでみていかがでしたか?

志望理由に関してきちんと企業研究は進んでいますか?

大学時代に頑張ったことはあなたの自己分析にもつながります。

きちんと自分の長所や短所を把握していますか?

 

正直2月頃からは忙しすぎてそういったところに時間を割く余裕は正直ありません

今のうちがチャンスです。

特にSPI対策は今やっておけば余裕で突破できるでしょう。

それが出来なければせっかくいい履歴書やESをかいても選考を通過することはできません。

 

簡単だからとSPIをなめているとその量と範囲、そして時間制限に泣くことになりますよ。

履歴書とESは最終選考まで使われる重要な書類です。

それをもとに面接官は質問をしてきます。

会社に送る前にきちんとコピーして手元に置くことを忘れないでください。

そして、どんな質問が来ても答えられるくらい企業と自分のことに詳しくなりましょう!

そのためにはひたすら何度も履歴書を書いて添削してもらうのみです!!

キャリア支援室やハローワークを存分に活用しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す