お歳暮を贈る時のマナーと注意点【時期はいつ頃?どんなものを送ればいい?】

お歳暮を送るのが初めてで、いつ頃までにどんな物を送ったら良いのか悩んでいる人、多いですよね。

毎年10月頃からデパート等のお歳暮のカタログを見かけるようになりますが、お歳暮というものはいつ頃から送り始めればよいのでしょうか?

また、どんな人に、いくらくらいのものを送ればよいのでしょうか?

そんな悩んでいる人のために、お歳暮の基礎知識を教えます。贈る時の参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

お歳暮を贈る時期

お歳暮は12月初旬~20日頃にかけて送るのが一般的です。
しかし、お正月の生鮮食品を送る場合もあるので、年末までOKとも言えます。
ただし、暮れの時期はそれぞれの家庭も忙しく、不在がちになったりするので、あまりぎりぎりでない方がよいですね。
送る相手は、お世話になっている方です。
金額は3000円~5000円が一般的なようですが、特にお世話になった方には10000円程度のものを選ぶ方もおられます。
お中元とお歳暮のどちらかを送るのならば、お歳暮の方が年の終わりで心のこもった感じがしていいです。
金額もお中元よりもお歳暮の方が高めの方が多いようです。

御歳暮マナー

お歳暮のマナー

お歳暮は自分より目上の方に贈ることが多いです。
くつ、靴下、スリッパ等は「踏みつける」ものなのでよくありません。
下着も失礼なのでやめましょう。
ハサミや刃物も「縁を切る」ものなのでいけないそうです。
それから、あまり高価過ぎるものも、送られた方が気を遣ってしまいます。
また、喪中の方にもお歳暮は送ってよいのですが、お正月の時期の「お年賀」として送らないようにしましょう。(「賀」の字は失礼に当たるので)
それから、お歳暮をもらった際にお返しをする必要はありません。
ただどうしてもお返しをしたい場合は、お中元まで待つよりも「寒中見舞い」を送る方がいいです。

どんなものを送るのがいいのか?

御歳暮

大切なのは、相手の好みや家族の状況、年齢、季節等を考えてお歳暮を選ぶことです。
日常生活で必要な食品で、やや高品質なものが一般的です。
ビールやお酒、カニや海老などの海産物、お菓子、ハムやソーセージの詰め合わせ、季節のフルーツ、ジュースやコーヒー、紅茶、うどん等の麺類..このようなものが好まれています。

お歳暮というと堅苦しく考えてしまいがちですが、お世話になった方へのお礼の気持ちを込めて選ぶことが何より大事です。
感謝の気持ちを込めて、喜んでいただけるものを送りましょう。

なぜお歳暮と言われるようになったのか?

お歳暮は、年末という意味の歳暮(さいぼ、もしくはせいぼ)からきた言葉です。
毎年、年の暮れが近づくと、その年お世話になった人達に贈答品を持参して回る習慣が出来ました。
この習慣のことを歳暮回り(せいぼまわり)と呼んでいたのですが、次第に贈答品自体を「御歳暮」(おせいぼ)と言うようになったということです。
最近は相手を訪問するより郵送する方が多くなってきたので、訪問マナーではなく郵送する際のマナーにしてあります。

お歳暮の品物はどんな物にしたら良いの?

お歳暮用の贈答品は新年を迎える為に必要な物を贈る事が多く、アルコール飲料やハム・ソーセージなど、日持ちがする品物が主流です。
最近ではクール便などで産直生鮮食品(魚や肉、果物など)が贈られるようになりました。
生活必需品を贈ることも一般的ですが、贈り先で自由に商品を選べるように、商品券を贈る場合もあります。
お歳暮でどんな品物を贈るのかは、贈り先の家族構成や季節を感じられる物、自分の土地の特産品など相手の必要性を考えて決定します。

お歳暮を贈る時に注意することは?

この時期に贈る品物には紅白の水引と、熨斗アワビの飾りかその代わりのマークを付けることになっています(品物が生物の場合は水引のみ付けます)。
この時に付ける水引は蝶結びにしなければならないので注意しましょう。
お歳暮を贈る場合は「送り状」に日頃のお礼やお歳暮を送るという事を書いておき、お歳暮が贈り先に届く前に郵送するようにします。

お歳暮の相場はどのくらい?贈る時期はいつ頃にしたら良いの?

お歳暮の相場は3,000円から5,000円と言われており、関東地区を中心としたお歳暮の時期は12月上旬から12月20日です。
お正月用品はお正月直前に贈るようにした方が良いでしょう。

お歳暮を贈る時期については上で述べたとおりですが、この時期を過ぎてしまった場合には、のしの表書きを変えるようにします。

例えば、12月20日を過ぎた頃から年内は寒中御見舞、寒中お見舞、寒中お伺、寒中御伺ですが、1月1日(元旦)から1月7日までの松の内には御年賀、新年のご挨拶とします。
この表書きは喪中のお宅には使わないようにします。

松の内過ぎから2月4日(立春)頃までの表書きは寒中御見舞、寒中お見舞、寒中お伺、寒中御伺にします。

お歳暮は贈り先が必要な品物を贈ってあげるのが一番です。
今年の無事を喜び、新年も健康で迎えられるように相手にとって良い品物を送りましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す