インフルエンザの症状と予防法【予防接種を打つ時期と病院へ行く時期】

インフルエンザ症状予防接種

寒くなって気がかりになるのがインフルエンザ。毎年、年が明けると大流行し、学級閉鎖が起きています。

インフルエンザが流行る冬の前になると、どこの病院でもインフルエンザの予防接種を受付を開始します。

特に小さな子供は症状が重くなりがちですから、気をつけてあげないといけません。

「うちの子はまだ小さいから」「注射が嫌いだから泣くし」と言い訳して接種を控えるのは良くありません。

せめて2歳すぎからは受けておいた方が良いでしょう。

小さなお子さんがインフルエンザに罹るのは、お母さんとしてはとても心配でしょう。

高い熱が出て苦しむのも可哀想ですし、最悪の場合のことですが、熱で脳に異常を来たすこともあるからです。

でも、上手く予防をすれば、インフルエンザに罹らずに済みます。

何点かに注意して、元気に冬を過ごしましょう。

インフルエンザは、風邪のひどいものと考えている人も多いかも知れません。

大人の免疫力の高い人なら大したことにならないかもしれないですが、体力が無かったり免疫力の弱い乳幼児やお年寄りには是非接種しておいてもらいたいです。

インフルエンザ対策についてまとめてみました。

「インフルエンザの症状と予防法【予防接種を打つ時期と病院へ行く時期】」の続きを読む…